スポンサーリンク

Windows使用歴14年の僕が、macメインになった理由【違いや違和感など】

PC
この記事は約11分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

 

 

スタバmacをバカにしていた僕が
気付けばスタバでmacを触っているという
ミイラ取りの話です。

 

Windows歴14年

 

こんにちは、ぴろです。

今日はタイトル通り
「Windows使用歴14年の僕がMacメインになった理由」

 

なんかタイトルだけ見ると壮大ですね笑

 

約14年近くWindowsを使ってきて

数多のおじいちゃん・おばあちゃんに
Windowsの操作を教えてきて

スタバmacを否定してきた

 

僕が

 

なぜ今になってmacを使うようになったのか?

こちらを話していきます。

 

スペックの対比とか一切出てきません。

ただ感じたことを書いてるだけです。

 

それでは、すたーと。

 

スポンサーリンク

macとの出会いや感想

 

 

macとの馴れ初めを話さないといけない雰囲気なのでそこからです。
そしてmacを操作して感じたことを話します。

 

macとの出会い

現在、WEBクリエイター科の職業訓練校へ通っています。

通う内にミニマリストに興味を持つようになりました。

 

僕が観ているミニマリストYouTuberの人たちの部屋には

必ずmacbookが置いてありました。もうこの時点でインスパイアが始まっていました。

 

オシャレだよな~と思っていましたが
どうしても過去に店頭で触った時に使いにくかった
印象が強かった為、購入欲までは出ませんでした。

 

月日が流れ(1か月くらい)

見た目から入る僕は

 

やっぱりmacが欲しくなりました笑

かっこいいには勝てなかったみたいです。

 

しかし前述したように、買うとしても

 

mac操作の不安がよぎります。

 

長年Windowsで慣れてきて、せっかく身に付けた操作が
失われるのが怖くなりました。

 

そこでタイミングよく同時期に

 

隣の席の関西ボーイと仲良くなりました。(以下ボーイ)

彼に「macかっこいいよね~」と話すと

「俺家ではmacやねんか~」と言われました。

 

うおおなんてタイムリーな人と出会ったんだ!と

 

心の中でガッツポーズしてたか、してなかったりしました。

 

そこから毎日mac

休憩時間もmac

と騒いでいたので

ボーイには迷惑かけたと思います。
すまん~

 

で、ボーイがあるとき

「そんな言うならオラの使ってないmac使ってみーひん?」と

神様みたいなことを言ってくれました。

 

次の日

ゴットボーイがカバンから出してきましたよ(どや顔しながら)

macbookを

 

死ぬかと思いました。

 

かっこいいし

 

こんな高価なものを出会ってそんな経ってない人に貸してくれるゴットボーイへの感謝
(しかも中身も消さず)

 

かっこいいし

 

ああ、今日からmacが俺の部屋に住むという嬉しさ

 

かっこいいし

 

という様々な感情が込み上げてきました。

 

その日から約2週間macとの同棲ライフが始まりました。

 

最終的にはゴットボーイから譲ってもらう形になり
現在に至ります。

 

馴れ初めは、ざっくりですがこんな感じです。

 

それでは次の項で、macを使用してから感じたことを
述べていきます。

 

macを使用してみて

正直、初めの何日間は

「あーやっぱり使いにくいかな~」という感想でした。

 

そして、彼のmacはUSキーボードの仕様だったので
余計にそう思ったのだと思います。

 

後述しますが
キーボード・マウス・タッチパッドの操作が
かなり違うからです。

 

しかし、
ゴットボーイにiphoneとの連帯や

トラックパッドの操作を教えてもらう内に

 

「あれ?macめっちゃいいんじゃね?」と

思うようになりました。

 

次の章で

Windowsとmac操作の違和感を述べていきます。

 

 

スポンサーリンク

僕が感じたWindowsとmac操作の違和感

 

 

あくまで僕の操作範囲での違和感6点盛です。

 

 

違和感のあった操作① CTRLキー

確か一番最初に感じた違和感です。

CTRLキーが左の外側に無いのです!

fnキーになっています…。

これは、JISキーボードでもCTRLキーは左にはありません。

macでは、commandキーがWindowsのCTRLキーになります。

かなりヘビーにCTRL+キーのショートカットを多用する僕としては

トップに入るくらい辛い違いでした。

 

そして、今でこそcommandキーがCTRLキーと認識してますが

紛らわしいことにcontrolキーというキーもあります笑

 

乗り換えの最初の関門だと思います。

違和感のあった操作② 言語切り替えキーが無え

言語切り替えのキーがありません。

これもかなりキツかったです。

commandキー+スペースで出来るのですが

キー操作が多いので

僕は、caps lockにキー操作を割り当ててます。

これで幾分かはマシになりました!

違和感のあった操作③ マウスによる画面スクロール

触ってみればわかります。

Windowsでマウスを使って下にスクロールする時は

下にホイールを転がしますが

macは、下にスクロールしたい時は上にホイールを転がすのです。

僕の使っているMX ERGOは設定で
上にも下にも変更できるので
共通にできます!

【かっこいい】Logicool MX ERGO おすすめトラックボールマウス【ロジクール】
LogicoolのMX ERGOの紹介をしています。トラックボールでワイヤレスマウス購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

 

違和感のあった操作④ トラックパッド

疑いもせず、Windowsのタッチパッドと同じように操作すると

あれ?あれ?ってなります笑

なんだろう

もう構造の考え方が全く違うんでしょうね。

Windowsのタッチパッドとトラックパッドは全く別物と捉えると良いです。

 

違和感のあった操作⑤ 画面の横並び方法

Windowsでは、ウインドウを画面の左右どちらかの端に持って行くと
勝手に画面半分に調整されます。エアロの機能だったかな?

macではならないです。

違和感のあった操作⑥ 閉じるボタンが逆

そのままで

Windowsは、画面を閉じる操作は右上

macは、左上なんです。

 

スポンサーリンク

それでも僕はmacを選ぶ

 

 

6点の違和感を述べてきました。
それならWindowsにすればいいじゃん?と思いますが
違和感を差し引いてもmacを選ぶ理由が3点くらいあります。

 

オシャレに勝るモノは無い

まあ、やっぱりこれに尽きますね。

好きなもので作業をすると、モチベーションに繋がりますからね~

合っているかわかりませんが

 

女性が明らかに歩きにくいであろうヒールを履いて

外に出かける感覚に近いのかもしれない。

履くだけでその日、気分が上がる感じ。

 

操作の違和感なんて幻想です。幻想だと思いましょう。

 

macを使うときは、Windowsの頭は捨てる。

入れば郷に従えです。

トラックパッドを知ったが最後

トラックパッドに違和感があると言いましたが

今は、Windowsのタッチパッドに違和感や残念感があります。

操作の詳細は割愛しますが

 

トラックパッドの使いやすさは、悪魔的です。

 

誰でも虜になるでしょう。

 

あんなに直感的に操作できるモノがあったなんて…。

もっと早く知っておけばと思いました。

まだ触ったことの無い方は、店頭で触ると良いです。

特に、店員さんに聞きながら操作する事をススメます。
店員さんと絡みたくは無いですが、
やっぱり最初は人に操作を聞いた方が体感しやすいと思います。

 

僕は、膝の上や寝ながら操作することが多いので

より使いやすさを体感しました。

 

しかし、Windowsでもトラックパッドのように操作できるパソコンが出ているみたいです。
今度触ってみます。

iPhoneと相性がいい

Apple製品だけに限った話では無いですが

 

一つのメーカーに統一するとメリットが生じます

 

iPhoneを使っているなら是非Air Dropの便利さに感動してほしいです。

例えば、

iPhoneで撮った画像をパソコンに取り込むとしたらどうしますか?

・メール、ライン、クラウドで送付して保存

・USBケーブルでパソコンと接続して保存

iPhoneとWindowsパソコンであればこの辺りの操作になるかと思います。

 

しかし、Air Dropを使うと

画像選ぶ→Air Dropでmacを選ぶ→macに入る(保存される)

はい、終わり。

 

動画もいけます。

 

めっちゃ楽です。

 

今のところ統一した恩恵はこれしかないかな?笑
今後もっと増えていくと思います。

小さいかもしれませんが

僕にとっては大きい恩恵です。

 

WEB系に携わるならmacがイイみたいです。

まだ、WEBの仕事に携わっていないので

僕の意見では無いのですが

WEB系の仕事は、macの方が良いみたいです。

世界的に見ても、WEBに携わるユーザーのパソコンシェアは
macのほうが多いみたいですね。

mac実用者の実績が多いから、エラー時の対処方法が数多く見つけることが出来る。

 

それと同時に

macのほうがWEBのアプリが充実しているみたいです。

 

 

スポンサーリンク

おわりに

 

 

とは、言ってもWindowsを捨てきれません。

うまく共存させていきます。

 

結論

 

macにワクワクを感じたから

 

それが全てです。

 

結構ヒトって長く使ってきたモノや考え、状況から

変えたり離れたりすることを避ける傾向にあると思います。

 

僕もその一人です。

 

長年培った来たものを失う(そんな大げさなことではないですが)というのは

思っていたより考えさせられることでした。

 

でも、合わなければ戻ればいいし

 

想像で終わるより、1度体感してから答えを出した方が

納得のいく答えが出るものだと思いました。

 

これは、本当に意外で
今でもまさか僕がmacを使うなんてという感じです笑

 

そして、macがメインになっただけで、
Windowsを手放すことは無いですね。

僕が生きてきた環境を振り返っても

圧倒的にWindowsの使用率が多いです。

 

互換性の問題もあるので

どっちも使えた方が絶対に役に立ちますし。

 

Windowsとmacの共存を目指していきたいと思います

 

 

もし、Windowsかmacで悩んでいる方がいるとしたら

スペックうんぬんは後にして

 

まずは、触ってみることがイイと思います。

 

何度も言いますが

全く別のモノなので、操作の違いは慣れでカバーできます

スペックうんぬんも

今の時代のパソコンだったら

どれ使っても性能が良いのでそんな差異は無いでしょうし。

 

 

固定概念は一旦リセットです。

 

 

 

 

余談ですが僕の今の悩みはmacの新調です。

今使っているmacも使っていきたいのですが

WEBソフト使用時に限界を感じます。

 

airがいいのか、proがいいのか

毎日悩んでいます。

 

悩みの種類もいろいろありますが

 

この悩んでいる時間もイイんですよね~笑

 

やられてます。

 

買ったらレビューしたいと思います。

でわわ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました