スポンサーリンク

タイピングのコツ ■キーを□指で押すべし!

PC
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんにちは〜

ぴろです。


パソコンインストラクターだったせいか
他人のタイピングが気になります。

ただ気になるだけで
本人には何も言いません笑

そんなの別に自由だからね。

今回は

「タイピングのコツ
●●キーを○指で押すべし!」と題しましたが


答えはこうです。


「ENTERキー「小指」で押すべし!


です。

なんだー そんな事かよって
思いますよね笑

とりあえず

すたーと です。

スポンサーリンク

時短に繋がる

きっとこの記事を開いた方は
タイピングの速度を上げたく
覗いて頂けたのかなと思います。


ただ、もう既に
ホームポジションをマスターしている方は
読む必要は無いです。
期待させて、すいません。

対象の方は下記に該当する方です。

・初心者の方
・我流の方




なぜかって?

結論から先に述べると

「ENTERキー」は、キーボード上の右端にあります。

ですので、必然的に”右手小指”が担当になるハズなのです。

自己流の人ほど(僕が見てきた人の中で)

”薬指”や”中指”で押している人が多い気がします。

自己流や一本指打法を否定はしませんが

ENTERキーを小指で打つだけで

”時間の短縮”に繋がるのになぁ〜と

もったいない気持ちになるだけです。



仕事や作業でもパソコンを使用する時

1、2位を争うくらいの頻度で押すであろう

「ENTERキー」

このキーを小指で押すだけで

どれだけ時短になるのか?

検証してみました。

試しにこの記事を書く前に計測してみました!

iPhone8のストップウォッチアプリを使用し

友人に計測してもらいました。

正式な機械?を使用した計測ではないので信憑性は低いかもしれません。


細かい事は気にしない気にしない


下記のような結果でした↓

条件:全指をホームポジション上に置き小指・薬指で「ENTERキー」を押し

ホームポジションに戻った際の時間を計測

 



小指:0.26

薬指:0.35秒


結果は御覧の通りです!

0.1秒 違いました。

これを10回押すと

1秒の差が出ますね。

これを1日8時間

1週間/1年/10年で計算していくと

やる価値は出てくると思います。 

 

まあ、僕自身がそもそもホームポジションで打っているので、

差が出ましたが

元々右手が「ENTERキー」寄りのポジションの方であれば

むしろ小指以外の指の方が早いかもしれません笑

右手が中央寄り(Jキーなど)で自己流の方は

是非試して欲しいです。

スポンサーリンク

疲れの蓄積を軽減できる

時間短縮効果のほかに

小指で押すメリットがあります!

いずれのタイピングポジションであっても

薬指で「ENTERキー」を押すと

どうしても
”手首の動き”や”腕の動き”
多くなってしまいます。

入力作業が多い仕事の方だと

特にこの連続した
”手首の動き”や”腕の動き”というのは

”疲れの蓄積”に繋がってしまうでしょう。

手首や腕に疲労感が残る感じがする方は
一つの原因になっているかもしれません。

試してみてください。

スポンサーリンク

どうしたら癖を直せるか

まあ、僕が直した理由は

単純に教える側に立つからです。

そして、見栄えもかっこいいなあと思って 笑

さて、この「ENTERキー」を
小指で押す癖をつけるには
どうしたらよいのか?

至って簡単です 。

”今までの速度が落ちても必ず小指で押す”


これだけです。
これしかないです。

 

長く固まった癖というのはそう簡単には取れません。

僕もそうでした。

ただ、このままじゃコツもなんもないですね笑


重要なのは、ここからです。

どの場面から始めるのか?

これが大事。


いきなり明日から
意識してやるぞ!って始めても
おそらく続かないです。

いきなりその意識を仕事上に持って行くと
今までの速度で仕事を終えることができなくなり

「やっぱこっちのほうがいいや」と

意識が薄れてしまうでしょう



ならどうするのか?


自宅やプライベートなど
時間にゆとりのある時から始めてみる。


これらの時間から始める理由としては
ある程度ゆっくり入力しても
支障が無いためです。

もっとレベルを落とすなら

YouTubeで検索する時だけ意識するなど
特定の場面から始めてみる。

これが最短の近道だと思います。

 

僕も苦手キーを克服する時は
意地でもその指で押す!と
意識して直してます。

気付けば、勝手に指が動くようになってます。

人間ってすごいね。

スポンサーリンク

さいごに

今回はかなりピンポイントな項目を
記事にしました。

いつかタッチタイピング全般について
書いてみようと思います。

もはや今の時代
パソコンを使用しない仕事の方が
少なくなりました。

パソコンを使うという事は
必ず入力操作が付いてきます。

そこで時間をロスしていたら
もったいないです。

ひとつひとつ
覚えていけばいいんです。

がんばって

0.1秒を稼いでいきましょう!


でわわ〜

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました