スポンサーリンク

パソコン教室のインストラクターには資格はいるの?

PC
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんにちはー

ぴろです。

 

高校や大学を卒業して

「パソコン教室のインストラクターになるぞー!」って

思う人は全国に何人くらいいるのかな?

 

まあ、稀でしょうね笑

 

僕がなりたいと思ったキッカケは

職業訓練校に通った時の講師を見て

自分もああなりたいと思ったからです。

ああなりたいのああは

別の記事で書こうと思います。

 

今回は

パソコン教室のインストラクターになるためには

どんな資格が必要なのか?

もしくは、いらないのか?といった内容の記事です。

それでは

すたーとです。

 

 

スポンサーリンク

教室によるが無くても大丈夫◎

募集要項を見れば解決する話だが

少なくとも僕の勤めていた教室では

パソコン資格やスキル、経験も不問でした。

 

もちろんあるに越したことは無いですけどね。

 

僕は、職業訓練学校で取得した

コンピュータサービス技能評価試験 ワープロ部門 2

コンピュータサービス技能評価試験 表計算部門 2

を持っていました。

 

自信満々に面接に挑みました!

 

実際は、

「ああ、ワード、エクセルは知っているのね」

くらいな感じでした。

 

これだけ持っていたら

おお!ってなるかな?

なんて期待してましたが

面食らった感じでした笑

 

結局はスキルより人間性でした。

資格うんぬんは

勉強すれば誰でも取れますし。

 

 

僕もスタッフ採用の面接に
参加してきました。

やっぱり重要視するのは

人柄 でした。

あくまで僕の基準ですが

 

・その人が教室の方針やイメージに合う人か?

 

もうこれだけですね。

 

Microsoft Officeの各種資格がある人というのは

優先度が低かったです。

それなら

イラストレーターやフォトショップをバリバリやってます!

というくらい突起した能力があった方が
「おっ?」ってなります。

しかし、経験者ほど

自分の学んできたやり方で教えてしまうという

リスクがあります。

 

コピーの方法で話しましょう。

Q.普段あなたはどの方法で操作しますか?

1右クリックし、出てきたメニューからコピーを選択

2ショートカットキー CTRL +Cでコピー

3アプリケーションに表示されたコピーボタンからコピー

 

コピーだけで3つの操作方法があります。

テキストには3つ目のやり方で教えているのに

1のやり方でインストラクターが教えてしまうと

テキストの内容とズレが生じてしまう のです。

テキストも意図があってそのやり方を伝えているのに

やりやすいからとか、

自分がそれしか知らなかったからなどの理由で教えると

生徒の成長を妨げる他

他のインストラクターとの連帯も壊してしまいます。

インストラクターになったらはじめに

自分を捨てましょう。

未経験の方は

資格や経験が無いからと

自信なく面接に挑むのではなく

努力できる人間である事をアピールすると良いでしょう。

経験のある方は

そのスキルを活かせる方法を伝えましょう。

あまり見せびらかすのはダメよ。小出しに小出しに

 

 

スポンサーリンク

持っている資格による

前項で

僕の持っている資格は

たいしてプラスにならなかったと

言いましたが

もう一つ理由があります。

それは、

教室ごとに

薦めている資格が違うからです。

実は、僕の勤めていた教室では

僕の持っていた

コンピュータサービス技能評価試験 各種

この資格を扱っていませんでした。

つまり

この資格取得の知識は

即戦力には

ならないなと判断されたのです。

 

もし資格を推したいのであれば

働きたい教室がどんな資格を薦めているのか?

この部分を事前にリサーチして

取得を目指すと良いでしょう。

スポンサーリンク

焦らず急ごう

初めは資格を持っていなくても良いです。

初めは。

この「初め」の期間は

そんなに長くは無いと思ったほうが良いです。

おそらく初めは

研修期間として

すぐには働き出さないでしょうが

そんな期間あっという間に過ぎ去ります。

 

研修期間はテキストや資格の勉強期間というより

インストラクターとは?から始まる

インストラクターとしての教育がメインです。

居残りや帰ってからテキストを開くような日々でしょう。

 

僕は、帰って寝てるようなダメ人間でした笑

 

少し脱線してしまいましたが

そもそも

あなたが生徒だったらどうですか?

 

「資格を持っているインストラクターから資格取得を薦められる」のと

「資格を持っていないインストラクターから資格取得を薦められる」のでは

どちらが信頼できますか?

 

そう

 

資格を持っているインストラクターから

薦めらる方が

圧倒的に説得力が違います。

 

そーいうことです。

僕なんて資格を持ち出したの

2年くらい経ってからですからね

3年半もいて2個しか取っていません笑

 

その分というか

僕の場合は

資格のテキストを何回やったかわからないくらいやり込みました。

問題、答えはもちろん

テキストのポイントとかの文も暗記するくらい。

あとは、口でなんとかしました笑

 

ただ、そのくらいやっておけば

いざ、資格を取るってなっても

既にもう準備できているようなものなので

合格は楽に行けました。

 

「新人」というバッチに守られるのは

せいぜい1年くらいでしょう。

最初は先輩に助けてもらいつつ

やるしかないです。

この1年をどう頑張るかで

生徒からの信頼度が変わります。

焦らず急ぎましょう!

また教室によっては

資格取得手当のような待遇もあるので

そこもモチベーションにすると良いでしょう。

スポンサーリンク

さいごに

まとめるなら

 

資格未取得者は
・やる気を見せる
・入ってから死ぬ気で勉強する

資格所有者は
・やる気を見せる
・入ってから死ぬ気で勉強する

 

あれ?

一緒ですね。

 

がんばろー

 

でわわ

コメント

タイトルとURLをコピーしました