スポンサーリンク

【2019】MacBook Pro 13インチ 購入【レビュー】

PC
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2019】MacBook Pro 13インチ 購入【レビュー】

はじめに

こんにちは、ぴろです。

とうとうMacBookを新調しましたよ。

一体、何ヶ月アップルのホームページを
指をくわえて見ていたことか。

今回は、購入の経緯から使用してみての感想を書いていきます。

開封やスペック比較などは、割愛します。

それでは、すたーとです。

 

 

スポンサーリンク

購入理由と購入したスペック

購入理由

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2013)の限界ですね。

関西ボーイから購入した
MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2013)で
ここ2ヶ月くらい頑張っていましたが、
さすがにもう限界を感じました。

限界の詳細は下記の3点です。

・ネットサーフィンだけで発熱が止まらない。

・トラックパッドの感度が悪く、カーソル飛びが目立つようになった。

・持ち歩くには、重すぎる。

主に上2つが購入に踏み切った理由です。

発熱すると、うるさいし
アプリの動作が鈍くなります。

そして、もしかしたら爆発するんじゃないか?の不安も大きかったです笑
度々macbookの爆破事件を目にするので人ごとでは無いなと。

 

そして、ここ最近目立つようになったカーソル飛びは

本当にイライラします。
作業効率とやる気に支障が出ます。

持ち歩くには、重すぎるというのは
譲ってもらった時からわかっていた話ではありますが
1.67kgでも毎日持ち運ぶには重く感じるようになりました。

体が鈍っているのかな。

新型MacBookは、1.37kg300gも軽くなります。

いずれにせよ
これからMacBook主体で仕事をしていくので
先行投資と思って購入を決意しました。

MacBook proにした理由

AirProでかなり悩みました。

そこで用途を整理してみました。

用途は、下記の4点です。

1、マイクロソフトオフィス各アプリの使用

僕は、仕事をする上でワードやエクセル・パワーポイントは絶対使います。

Mac版は初めて使うので使用感も今後記事にしたいと思います。

2、動画編集

今後YouTube界へ進出を目論んでいるので
それを見据えて入れました。

3、ネットサーフィン

これは、まあそのままです。

4、外に持ち出す機会が多い

今後外で作業や打ち合わせをする機会が増えるので、軽い方が良い。

 

正直134だけであれば

Airで十二分です。

しかし、2の動画編集も視野に入れると
Airでは、キツイかなと言った感じでProにしました。

 

重さは

Air 1,25kg

Pro 1.37kg

120kgの違いなので妥協できる範囲かなと。

上記内容がProを選んだ理由になります。

購入したスペック

・13インチMacBook Pro – スペースグレイ
システム構成:
・第8世代の2.8GHzクアッドコアIntel Core i7セッサ(Turbo Boost使用時最大4.7GHz
・Intel Iris Plus Graphics 655
・16GB 2,133MHz LPDDR3メモリ
・256GB SSDストレージ
・True Tone搭載Retinaディスプレイ
・Thunderbolt 3ポート x 4
・Touch BarTouch ID
・Final Cut Pro X
・LOGIC PRO X 065-C172 NONE
・バックライトキーボード日本語(JIS
・アクセサリキット

小計 ¥ 286,022
消費税 ¥ 22,882
合計 ¥ 308,904

奮発しました。

 

13インチ モデルの中で
ストレージ以外は、スペック全盛りにしました。

まあ、これくらいはかかりますよね汗

メモリを256GBにしたのは
カメラやらないしそんなに容量はいらないかなと。

足りなくなったら外付けSSDを買えばいいやって感じです。
動画データは、持っているHDDあるのでそっちに入れておけばいいし。

Macは、買った後にメモリ増設や容量を増やすことは、できないので
この先使っていて後悔しないように
一番良いスペックを選びました。

 


iOSファイルで60GBは取られるので
このMacにはiPhoneのバックアップを取るのはやめました笑

 

もし、iPhoneのバックアップも考えているのであれば
500GB以上がおすすめです。

 

 

スポンサーリンク

使用してみて

バタフライキーボードは思っていたより、パコパコ鳴る印象です。
静かなスペースだと少し気を使って打つことにします笑
僕は、打ちにくい感じはしません。慣れかと。

ただ、USキーボードからJISキーボードに変えたので
またボタン配置に苦しんでいます笑 こちらも慣れるまで時間がかかりそう。

 

一番気になっていたのは、Touch Barです。
僕は、かな文字入力をしながらF9、F10を押して英字入力をします。
なので、Touch Barになったらどうなるんだろう?と思っていました。

実際使ってみると、この画像をみると分かりますが
ちゃんとファンクションキーっぽく選べるようになっています!

これは、思わぬ収穫でした! これで、入力の不安は消えました。

ただ、細かいですが
頭文字が大文字の変換が無いのがショックです。なんで選べないんだろう。

 

※追記
Touch Barの設定で
デフォルトでファンクションキー表示が出来ました。

ファンクションキーが無いからTouch Barは買わない!って意見は間違っている気がします。ありますから。
そして、思っていたよりTouch Bar悪くないですよ。
慣れ、慣れ。

 

 

あとは、まだ買って1日しか経っていないので
特に不満点は無いですね。

むしろ、処理の速さや重量や薄さ全てにおいて
前のMacを超えているので
満足しかないです笑

 

 

 

スポンサーリンク

おわりに

どうせ買うならスペックをケチるな!

僕が前に使っていた
MacBook pro Early 2013 が良い教訓になったのかなと思います。

それは、スペックをなるべく良い状態で購入する。

あのMacのスペックは
当時だとまあまあスペックをあげて購入されたものでした。

それが6年経っても
まだなんとか動かせているという点です。

僕は、最低5年はこのMacを使っていく予定です。(予定です。)

なので、今スペックを最大にしておけば
5年経ってもまだやれるのではないかなと思います。
ここで数万円高いから、スペックを下げてしまうと
後々絶対後悔すると思います。

5年間使用するとしても
1年間で6
1ヶ月で5千円の使用料を払っていると考えれば
特段高い買い物ではないのかなと。

それで、作業効率が上がり
仕事に行かせるのであれば
先行投資としては安いとも思います。

 

迷う時間が勿体無い

なにより
もっと早く買っておけばよかったという
後悔はあります。

もし、明確にMacでもWindowsでも
使用用途があるのに
購入を悩んでいる方へ言えることは
悩むより先に、購入した方が絶対に良いです。

買うかどうか悩むことに時間を割くより
買ってしまって、その用途を進めた方が
時間の使い方としては正しいと思います。

僕がそうだったので。

 

僕と似たような境遇の方は

即刻買っちゃいましょう~

その他ガジェットの紹介もしています。
よろしければご覧ください。

でわわ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました