スポンサーリンク

【かっこいい】Logicool MX ERGO おすすめトラックボールマウス【ロジクール】

item
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんにちは、ぴろです。
今回は、僕のお気に入りのマウス
MX ERGO を
ご紹介していきます!


パソコンを操作する上で
お気に入りのアイテムを使って作業すると
捗りますよね??

僕は、何でも見た目から入るタイプの人間なので
気持ちの入り方が違います!笑

それでは
すたーとです。

スポンサーリンク

MX ERGOとは?

Logicool社から2017年9月6に発売された
右手用ワイヤレストラックボールマウスです。

定価:1万2880円(税別)

主なスペック

  • 製品名(日本語) : ロジクール ワイヤレストラックボール MX ERGO
  • 製品名(英語) : Logicool® Wireless Trackball MX ERGO
  • 型番 : MXTB1s
  • 品番 : 910-005183
  • JANコード : 4943765046363高さ x 幅 x 奥行き:
  • 132.5 mm x 99.8 mm x 51.4 mm
  • 重量: 164g(メタルプレート/レシーバーなし)
  • 重量: 259g(メタルプレートあり/レシーバーなし
  • カラー : ブラック
  • センサー方式 : アドバンス オプティカル トラッキング
  • 解像度dpi : 512  – 2048 (初期値380)
  • 総ボタン数 : 8
  • スクロールホイール : 有
  • チルト機能 : 有
  • 使用電池 : 充電式リチウムポリマー電池 (500 mAh)
  • 電池寿命 : 最長4ヶ月
  • 操作距離 : 最大10 m


製品の詳しい情報は下記を参照ください
https://www.logicool.co.jp/ja-jp/product/mx-ergo-wireless-trackball-mouse

MX ERGO
無骨
マットな質感のブラックカラー
ボテッとしているボティ

とても愛くるしいフォルムです。

愛着の持てるマウスだと思います。

 

スポンサーリンク

MX ERGOを選んだ理由

今までマウスに拘りなんて一切無かったのですが

ある時期
YouTubeで、色んな人の部屋やデスク周りの紹介動画にハマっていました。


形から入る僕は案の定



パソコンデスク周りをカッコ良くしたい!」と

思うようになりました。


いや〜
探しましたね〜

色々メーカーを見ましたが

「全部Logicoolで揃えたらカッコ良くね?」

謎の縛りを考え始めました笑


そして、妄想は激化し

「トラックボールのマウスって、できる人っぽくてカッコ良くね?」


買うまで一度も触った事の無い


トラックボールマウスに標準を絞りました。


その結果

Logicool + トラックボールマウス= MX ERGO


これが、このマウスを選んだ理由です笑




結果オーライなので良かったですが
今思えば、触ったこともない
マウスに1万ちょっとを払ったというのは
なかなかすごいなと思いました。



スポンサーリンク

MX ERGOを買って良かった点

買って良かった点ですが
下記の4点が挙げられます。

  • トラックボール使いやすい!
  • 角度調整が効くので手首への負担が無い!
  • 電池寿命が長い!
  • FLOW機能すげ〜!

トラックボールが使いやすい!

そのまんまです。

操作して3分で
トラックボールの虜になりました。

親指でマウスポインターを動かす新鮮感や
マウスを置いたその場でマウス操作が完結する感覚

本当に感動しました。


まあ、トラックボールだから当たり前ですけどね笑

やはり、ポインターが届かなくなると
マウスを一度持ちあげる手間が無くなったのは大きいメリットです。

ただのトラックボールの感想になってしまいましたね。

なにせ、他のメーカーの商品を触っていないので
差がわかりません笑

トラックボール↓

外すとこんな感じ↓

汚れが溜まってますね。
たまに拭いてあげましょう。

角度調整が効くので手首への負担が無い!

この子

すんごいの

角度

変わるの

まずは、写真みて下さい。(


これが通常のマウスバージョン(水平)


これが傾けたバージョン


ワンタッチというか
軽い力で横に倒すだけで切り替えることができます。
ネジを外すとかドライバーが必要とかの手間が無いので
気分で変えても良いかと思います。

僕は圧倒的に傾けたバージョンが使いやすいです。
傾けると、小指の側面がデスクに乗るので
手首への負担が軽減されるのです。
長時間使用しても全く手首が疲れるといったことはありません。

めちゃめちゃおすすめです。

実はこの機能
買ってから1週間くらい気付きませんでした。


なんなら
傾いたとき、

「やっべ!壊した!」とか言いながら

通常バージョンに戻してましたらね。



説明書は

読みましょう。

電池寿命が長い!

ワイヤレス商品って
電池持ちが気になったり
乾電池が必要だったりしませんか?

この子

めっちゃ

電池持つの(しかも内蔵電池)


メーカーの説明では

”フル充電で使用可能時間は最長4ヵ月

1分の充電で1日中使用可能



書いてる事



良い意味で
異常ですよね


確かに電池持ちは
とても良く
「充電めんどくセー」
とか
「すぐ充電なるなー」って
思った事一度も無いですね。



ちなみに
Micro-USBケーブルを接続すると
こんな感じ↓

FLOW機能すげ〜!

FLOW機能とは、2台のデバイスをMX ERGO1台でマウスポインター行き来できる機能です。


これが、意外と使えます!

僕は、普段デスクトップPC1台と、ノートPC1台の計2台のデバイスを使っています。
デスクトップは、デュアルディスプレイなので
モニターの数は、3枚になりますね。

3枚のディスプレイをマウス1台で
操作が行える爽快感はたまりませんね。

今は、デバイス2台までですが
後継機には3台、4台と増えていくと
複数のデバイスを使う方はとても効率良く
作業を行えるでしょうね〜
期待したいです。

スポンサーリンク

MX ERGOを買って悪かった点

細かいところですが
トラックボールを外しにくい

ボールの滑りが悪くなったら
ボールを外して拭いてやるのですが

このボールを押し込む穴が狭い(細い?)のです。

裏返して

スタンドを外して

この赤い穴に棒状の物を押し込んで外します。



ボールペンなどでは通らない
(正確には、やや届いて少しトラックボールが浮き上がります。
しかし、トラックボールを掴めるまでは出てきません)

僕は、耳かきの先で押してます笑




皆さんは、何を使ってますか?
教えて欲しいです。

しかし、埃とか溜まってますね。
リアルを伝えたいので
そのままを撮りました。


うそです。

スポンサーリンク

こんな方におすすめ!

このマウスは下記に当てはまる方にオススメします!

  • トラックボールデビューを考えている
  • 手首の疲れが取れない/痛みが出てきた
  • 複数デバイスを普段から運用している
  • 仕事の効率/時短を図りたい

仕事の効率/時短を図るという点ですが
普通のマウスからトラックボールに変えるだけで
相当な時間短縮を図れるでしょう。
やはり、マウスを持ちあげるという行為は
微々たる時間ですが確実に
ロスしていると思います。

また、「戻る」や「ブラウザを開く」など
6箇所あるボタンに操作を割り付けることが出来ます。
これも時短に繋がる事でしょう。

見た目は少しごついですが
シンプルなブラックなので
ビジネスの場でも特に問題なく
使用できると僕は思います。

スポンサーリンク

まとめ

長々と紹介してきましたが
きっとMX ERGOはどのシーンでも
活躍間違い無し!だと思います。

特に僕のように
トラックボールマウスの経験がない方は
一度触ってみて欲しいものです。


効率化や疲れ軽減などを
体感していくと
作業へのモチベーションにも影響していくと思います。

マウス探しの方がいましたら
少しでも参考になればと思います。

お気に入りを見つけましょう!

でわわ

コメント

タイトルとURLをコピーしました