スポンサーリンク

【タイピング】ショートカットキーを使いこなそう【時短】

PC
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんにちは!ぴろです。

 

皆さんは

普段仕事や作業の時

いくつのショートカットキーを

使用していますか?

 

僕は、10個くらいですね。

 

今回は

「ショートカットキー」で

覚えておいたほうが効率の良い

キーをご紹介したいと思います。

 

ショートカットキーと言っても

あらゆる場面で使用できるものと

特定のアプリケーション上でしか使用できないものと2通りあります。

 

僕は今

Macをメインで使用するようになり

Windowで使っていた操作が封じられていますので

操作のキレが悪いです笑

 

早く慣れたい。

 

これからお伝えする

ショートカットキーを

適材適所で使い分けることで

時短へ繋がります。

一つずつ覚えていくことをお勧めします。

 

では、すたーとです。

 

スポンサーリンク

なぜショートカットキーを使用するのか?

それは、行いたい操作を

早く・効率的にできるからです。

 

コピー&貼り付けを例に説明しましょう。
各操作の手順を見てみます。

□マウス操作

1.コピーしたい範囲をドラックする

2.右クリックをする

3.ナビゲーションウインドウからコピーを押す

4.貼り付けたい場所にカーソルを落とす

       ↓

5.右クリックを押す

       ↓

6.ナビゲーションウインドウから貼り付けを押す

6工程

 

□ショートカットキー操作

1.コピーしたい範囲をドラックする

       ↓

2.CTRL+Cを押す

       ↓

3.貼り付けたい場所にカーソルを落とす

       ↓

4..CTRL+Vを押す

4工程

 

どうでしょうか?

2工程も短く操作できるのです。

 

絶対やるべきでしょ?

 

 

パソコンを動かすのは

マウスもしくは

トラックパッドというのが一般的ですが

大体のことは、キーボードで操作出来ます。

 

一時期

一切マウス操作をしないで

パソコンを操作するという

謎なブームが僕の中でありました。

 

ですが

いろいろ考えた結果

マウスとキーボードの併用が

一番ストレスなく

効率よく操作出来るという結論に至りました。

 

当たり前ですよね笑

 

 

かなりかなり限定的ですが

ショートカットキーを複数覚えておくと良いメリットがあります。

謎のフリーズが起き、マウス操作が封じられたが

キーボードは反応する!って時です笑

ショートカットキーを覚えておけば

再起動もしくはシャットダウンなどにたどりつくことが出来ます。

(tabキーも単体で使います。)

 

まあ、これはアレとしても

 

あなたのストレージを使って覚える価値はありますよ。

スポンサーリンク

おすすめショートカットキー

コピー CTRL+C おすすめ度★★★★★

言わずと知れた

最初に覚えるショートカットキーではないでしょうか?

「コピー操作」をするショートカットキーです。

COPYの頭文字の「C

切り取り CTRL+Xおすすめ度★★★★★

こちらもよく使いますね。

「切り取り操作」をするショートカットキーです。

XUTCUT)カットの頭文字と勝手に解釈してます。

Cはコピーに取られてますので。

元に戻す CTRL+Zおすすめ度★★★★★

ひとつ前の操作に戻す操作。

マイクロソフトオフィスでは共通で使用できます。

アプリケーションによっては、操作できないケースもあります。

覚え方

なんでしょう。

すべて選択 CTRL+Aおすすめ度★★★★

すべて選択する操作。

そのまんまです。

全部青く選択するときに使います。

AIIの頭文字の「A」。

豆アドバイス:インターネットなどの検索欄で、

長い文字列を消す時に使うと結構楽ですよ。

カーソル置いて、CTRL+A

そしてdelete!

 

マウス触りたく無いんです。

上書き保存 CTRL+Sおすすめ度★★★★★

Save(セーブ)の頭文字{S}ですね。

マイクロソフトオフィスで

わざわざマウスを持って左上の小さいアイコンを押すのは

面倒ですし

いちいちマウスに持ち変えるのは

時間が掛かりすぎです。

新規作成 CTRL+N おすすめ度★★★★

作業中に別のブックなどを新規に作成したいときに使います。

豆アドバイス:エクスプローラー(ドキュメント他)の画面上で使用すると、同じ画面が作成されます。

かなり使用率は下がりますが、たまーに役に立ちます。

印刷プレビュー CTRL+Pおすすめ度★★★★

PRINT(プリント)P」ですね。

これ使えたら結構時短になります。

ページのはみだしや校正確認に

いちいち左上のアイコンを押してたら面倒です。

ウェブページの印刷の時はもっと便利さを実感できるのではないでしょうか?

ブラウザーによっては、設定ボタンから印刷ボタンへ進まないといけない場面があるかもしれません。

その時は申し訳ない。

画面全下ろし WINDOWSキー+Dおすすめ度★★★★★

現在画面上に表示されているファイルやアプリ全てをタスクバーにしまう操作。

作業中にたくさんの画面を開いていて収集付かなくなったときに使います。

これ、すごく便利です。爽快感ありますし笑

※Windowsのみの操作です。

閉じる ALT+F4おすすめ度★★

閉じる操作。

右上の×ボタンの操作ですね。

押した回数分

使用中のアプリケーションを順番に閉じていきます。

最終的にはシャットダウンまでこれで行けます。

この操作が絶対必要な場面は、無かったですね。

一つ上のセルデータをコピーする(エクセルのみ)CTRL+D おすすめ度★★★★

現在のセル位置から一つ上にあるデータをコピーする操作。

これ、めっちゃ便利です。

わざわざマウスでコピーしたり

オートフィルを使うより圧倒的に早いです!

エクセル限定操作ですが、おすすめです。

同列上のデータをリスト化しドロップダウンから選択できる ALT+↓(下矢印)おすすめ度★★★

言葉にすると伝わりにくい操作。

画像を参照ください↓

長い文字入力や
ややこしい配列の文字を
ドロップダウンリストから選ぶだけ!
これもエクセル上のみですが、絶対覚えておくと便利です。

※リストを出せるのは、入力されたセルのすぐ下のみです。

 

ざっと、僕が普段多用している(していないのもありましたが)のは

この11個でしょうか。

まだあった気がしますが思い出せません。

 

エクセルをよく使う方は、

10.11のショートカットキーは絶対覚えることを勧めます。

押し方のアドバイス

ショートカットキーを覚えた後は

押し方 ですね。

これもちゃんと覚えないと
せっかく覚えても
効率化したとは言えないでしょう。

ENTERキーの押し方についてはこちらをご覧ください↓

 

タイピングのコツ ■キーを□指で押すべし!
自己流のタイピングの方へ 

 

CTRLは、左手小指

+〇のキーは、左人差し指

必ず、左手のみで操作しましょう!

 

たまーに

両手で押している人を見ます。

なんで左手のみを勧めるのかと言うと

右手をマウスから離してしまうと

キーを押してから

マウスに戻るという

タイムロスが出るからです。

 

ALT+〇は

左手ALT

右手で〇キーで良いかと。

 

ENTERキーの押し方でも

習得のコツをお伝えしましたが

継続的な意識付と練習が必要です。

特に、初めて使う方や両手で操作していた方は

とても歯がゆい気持ちになるでしょう。

焦らずゆっくり覚えていきましょう。

スポンサーリンク

さいごに

僕がショートカットキーを覚えようと思ったのは
パソコンインストラクター時代の先輩を見て
「かっけええ」って思ったからです笑

効率も何も関係ないです。
覚えたての頃は
むしろ遅くなったと思ってました。

僕もマウスの右クリックでコピーとしていた一人です。

今でもたまにそれで操作しますが
すごい遅く感じるようになりました。
こんなコピーくらいで時間使い過ぎだなって。

何度も言いますが
絶対ショートカットキーを覚えるべきです。

がんばりましょう!




でわわ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました