スポンサーリンク

【クラフター】Crafter CT-120/TBKで、MIYAVI風ギター【エレアコ】

ヒトリゴト
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

 

こんにちは、ぴろです。

最近僕の中で
再ブームがきたものがあります。

 

ギターです。

 

 

ギターは中学2年生くらいから
やり始めましたが

真剣にやっていなかったので
全然上手くないです。

 

 

なので基本的に
趣味でギターやってるとは言いません。

弾けって言われても困るので。

 

で、ギターの再ブームが来たのですが

それは何故か?

 

MIYAVIを聞いてしまったからです。

 

先ほど
真剣にやっていなかったと言いましたが

 

MIYAVIに憧れて
スラップの練習に明け暮れた時期がありました。

 

結局は微妙に弾けるくらいで終わりましたが笑

 

気付けばMIYAVIも世界に飛び立ち
とても有名になっていました。

それはとても喜ばしかったです。
(一応インディーズくらいから聞いていたので)

 

YOUTUBEのおすすめにこの曲が出てたので
久々MIYAVI聞くか~くらいな感じで
聞いてみました↓

 

MIYAVI – "We Can't Stop It (Rewind)" Live in Studio

We Can’t Stop It (Rewind)” Live in Studio

 

 

え、かっこよ。

 

コピーしてみたくなりました。

 

 

すぐに実家に戻り取ってきましたよ↓

Crafter CT-120

 

僕はT-5って呼んでます笑

 

もう4.5年ぶりくらいに触りました。
外の物置に置いてありました…。(すまぬ…。)

 

家に帰ってすぐ触りました。

 

また、1からやり直しですね。

 

ふつう久々に触れば
体が覚えてるって感じがありますが

まったくなかったです笑

 

覚えていたフレーズも忘れたし

 

なにより指が痛い。

 

前置きが長くなりましたが
今回は僕の愛機
Crafter CT-120

通称T-5の紹介をしてみようと思います。

それでは
すたーとです。

 

スポンサーリンク

Crafter(クラフター)CT-120/TBKとは?

 

まずは、Crafter(クラフター)CT-120/TBKについて書いていきます。

正直あんまり彼について詳しくありません笑

 

商品概要

 

伝統的なギター製作法と近代的な装備を融合し、高品質なアコースティックギターを生産しているブランド「クラフター」。
1972年創業、そして1986年から「クラフター」ブランドを採用。確かな品質とサウンド、そして手頃なプライスによりヨーロッパ、とりわけイギリスでは常にトップクラスの人気を誇っています。アバロン、モザイク、パーロイドといった素材による繊細な装飾にも、目を見張る魅力を備えています。

 

スペック
ボディ材:ボディトップ : メイプル / サイド&バック : ソリッドウッド
ネック材:マホガニー
指板材:ローズウッド
ジョイント:セットネック
フレット数:21F
フレット残:9割
インレイ:ドット
ナット(材/幅):43mm
スケール:648mm
ブリッジ:ローズウッド
スイッチ:TUNER / PHASE
コントロール:Vol / PRESENCE / TREBLE / MIDDLE / BASS
重量:2.62kg

 

色々調べてみましたが

あまり情報がありませんでした。

そもそもメーカーのホームページが見当たらない…。

韓国製みたいです。

定価は58,000円で、ネットで3万くらいで買った記憶が。

 

調べてみて知りましたが

CRAFTER  SA-TMVSというタイプもあるんですね。

こっちのほうがよりT-5っぽさが出ているので

かっこいいです。

 

エレアコっぽくない

ふつうエレアコって言ったら

オベーションなどのアコギボディーを思い浮かべます。

 

 

しかし、CT-120は

見た目はエレキって感じです。

ボディに穴は一つもありません。

 

なので生音は

エレアコほどでないけど

エレキより出る感じ。

まあ生音で演奏することは考えられていないでしょうね。

 

家で夜に弾くには

音がデカいです。

 

ただ、ボディーの幅は

エレキと変わらないので

弾きやすいし

ボディの中は空洞なので

エレキより軽いので

座って弾いても足が痺れないです笑

 

 

スポンサーリンク

買ったきっかけ

 

もうだいたいわかっていると思いますが

CT-120を買った理由を一応書きます笑

 

やっぱ見た目っしょ

 

僕が彼をT-5と呼ぶのは

Taylor T-5に似ているからです。

Taylor T5 Standard

Taylorホームページ↓

 

https://www.taylorguitars.jp/catalogue/electric/t5series/

 

Taylor T5 STD BLK【薄胴タイプ】【3ピックアップシステム】 【G-CLUB渋谷】

 

言わずもがな

MIYAVIと言えばこのギター

定価で40万くらいするので

全く手が出なかったため

似ているギターを探したところ

CT-120を見つけました。

 

これだ!と思いすぐポチりました。

 

他メーカーでT-5っぽいフォルムのギターは

無かったんです。

それも予算5万くらいで。

 

今思えば

分割でもいいからT-5買っておけばよかったなと思いますが笑

 

勇気がなかったんです。

 

買ううえで一番気になっていたのは

トラ柄っていうんですかね?

商品の画像によっては

なんか模様が入っているんですよ。

 

真っ黒がイイと思っていたので心配でしたが

実際本物見たら安心しました。

 

そんなにトラ柄が目立たないです↓

 

 

 

遠くから見たら見えないのでオーケーです。

 

スポンサーリンク

感想

使ってみた感想を述べます。

参考にならないと思います。

 

音とかわからないんです。

気にしたこともないので笑

 

歪ませたり

エフェクターを使っても

気にするほどノイズも出なかった記憶があります。

MIYAVIっぽさを出したくて

シンセっぽい音も作ってみましたが

イイ感じでした。

 

はい。

おしまい。

 

チューナーが付いているのはいいね!

エレアコ特有なんですかね?

彼にもついているのですよアレが

 

 

立派なチューナーが

いちいちチューナーを用意しなくていいのは

かなり楽です。

乾電池を入れる使用なのですが

一度も交換したことがありません。

電池はボディー下のジャックの傍にあります↓

 

取り外すとこんな感じ↓

交換も簡単なので助かりますね。

 

頑丈そう

MIYVIの曲でカバーするとなると

スラップは避けられません。

結構激しく引っ張ってきましたが

ネックがそったり弦がビビるようなことは無かったです。

(本当はなっているかもしれないが無知な僕にはわかりません)

 

 

スポンサーリンク

おわりに

 

 

レビューになっていませんが

もうおわりです笑

 

さいごに

その他画像を貼っておきます。

 

もし、MIYAVI風なギターで

かつ安価なものを探している方がいましたら

CT-120はおススメです。

 

しかし

やっぱギターはいいですね。

 

あの時の熱量をもって出来るかわからないですが

満足行くまで弾こうと思います。

今のMIYAVIはTaylorのギターではなく

フェンダーのテレキャスターをメインで使っているんですね。

 

T-5の登場が無くなったのは寂しいですが

やっぱアームでエレキ弾いてる方が

彼には合いますね。

 

これからも応援していきます。

 

でわわ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました