スポンサーリンク

【バロック】baroque Sug Life レビュー【アルバム】

ヒトリゴト
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

こんにちは

ぴろです。

今回は、僕のおすすめ音楽アルバムを紹介したいと思います。
「baroque」というバンドの

Sug Lifeというアルバムです。

今までこのバンドを知っているという人に出会ったことありません笑

baroqueのHPはこちら↓

BAROQUE OFFICIAL SITE
2001年結成。BAROQUE OFFICIAL SITE

baroqueのウィキペディアも載せておきます。

baroque - Wikipedia
スポンサーリンク

少し思い出を語らせて

元祖オサレ系のヴィジュアル系と言われる彼らには強い影響を受けました。

もともと曲から入ったわけでは無く
ボーカル怜の容姿に憧れ
服装や髪型、ピアスなど真似っ子していました。

こんな感じ↓

見た目が好きだから曲も好きって感じでしたね。

僕が知ったのは
まだ彼らがインディーズでヴィジュアル系をやっていた時くらいでした。

そんな彼らが
2003年にメジャーデビューをし
どんな感じになるのかワクワクしていました。

1stシングル 「我伐道(がきどう)」は
ノリの良いJロックな感じで違和感無く
受け入れることが出来ました。

しかし、
2ndシングル 「ila」から

完全に曲調や容姿が変わってしまったのです。

どうしたの?こんなのbaroqueじゃない! と

当時の僕では受け入れがたく
純粋にがっかりしたのを覚えています。

これが

これですよ

しかし年を重ね
やっと当時の彼らをわかるようになりました。

もうヴィジュアル系の音楽には飽きてしまいましたが

このSug Lifeは
今でもよく聞いています。

この路線で走れば
今でももっと認知度が上がったのになあと
もったいない思いがありますね。

 

スポンサーリンク

Sug Life

Sug Life  収録曲一覧

  1. Style
  2. ガリロン
  3. 歪
  4. rump
  5. ヒトのイロ
  6. exit
  7. ila.
  8. bug
  9. nutty a hermit
  10. sound of respire
  11. キャラメルドロップス
  12. グラフィックノイズ

もうジャケットからおしゃれじゃないですか?笑

今はダウンロードが主流で手元にCDを
持つ人も減りつつあるのではないでしょうか?

僕も結構手放しましたが
このアルバムは手放さず大事に持っています。

ジャンル分けをするなら何に属するのでしょうか?
ミクスチャー?ポストロック?シューゲイザー?

なんか
全曲で1曲と言えるくらいの世界観があります。
歌詞に感情を乗せて聞くというより
純粋に音を感じるといった感じでしょうか。

日本人のバンドで探しましたが
なかなかうなずけるバンドに出会えていません。

作業する時のBGMには最適です。

まあ、僕がとやかく言うより
聞いてもらった方がわかります。
次の項目でリンクを貼っておきます。
PVの3曲は特におすすめです。
当時のボーカル怜は
日本語に飽きていたみたいで
歌詞の聞き取りやすさを求めてはいけません笑
声も楽器と捉えて聞くとすんなり入ると思います。

是非聞いてみてください。

リンク

アルバム全曲

バロック(baroque) – 02.Style

PV
ila.

baroque : ila – PV

サビの
「la-疲れたー」は
よく疲れた時に口ずさみます。

 

ガリロン

baroque – ガリロン (PV)

リフが気持ちいいです。
ふとしたときに「がーろーん」と口ずさみます。

 

 

Nutty a hermit.

baroque : bug + Nutty a hermit. – PV

ラストのサビの疾走感がいいです。
シンプル。
Apple好きにはおすすめです。
スティーブ・ジョブスにも聞いてもらいたい。

スポンサーリンク

さいごに

一時解散を経て
今はメンバー2人
表記も大文字の「BAROQUE」に変えて
活動しています。

正直今は
彼らというより
このアルバムのファンという感じです笑

いつか
このアルバムを超える
名盤を作ってくれることを期待しています。

そして
このアルバムに近い音楽を知っている方がいましたら
是非教えて欲しいです。

 

でわわ〜

コメント

  1. あいら。 より:

    なんだか今さらですが初めまして。このタイミングでこちらの記事を目にしました。
    私もこのアルバムは最高傑作と思ってます。青春などの思い出補正もありますが、それ以上に捨て曲がない。違うジャンルの曲を繋げたアルバムのはずなのに統一感あって、最初から最後でひとつの作品。
    アツく語れる所もないので発散してしまいましたwおじゃまいたしました

    • piropiro より:

      あいら。様
      コメントありがとうございます!
      共感できる方がいてくれて嬉しいです。
      今聞いても気づけば通しで聞いてしまいます笑
      名作は色褪せないですね。

タイトルとURLをコピーしました