スポンサーリンク

【2019年9月版】ミニマリストを目指して 持ち物検査【メンズのかばん】

minimum
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2019年9月版】ミニマリストを目指して 持ち物検査【メンズのかばん】

はじめに

こんにちは、ぴろです。

恒例の持ち物検査をしたいと思います。

MacBook新調に合わせて
細かいアイテムをブラッシュアップしました。

それでは、すたーとです。

 

 

スポンサーリンク

かばんの中身一覧

1.TIMENOTEN Slim Back pack
2.MacBook Pro 2019 13インチ
3.鍵
4.アルファーゼロ 50ml
5.名刺ケース
6.ペン
7.ノート
8.ウインドブレーカー
9.ガジェットポーチ
10.水筒×2
11.iPhone 8
12.財布
13.イヤホン

前回の記事(2019年6月版)と比べると、大きい物が減りました。
小型化を意識した結果ですね。

 

スポンサーリンク

前回と変わったところ

カバン

adidasのバックパックから
TIMENOTEN Slim Back packに変更。

カバン自体の重量は若干重く、内容量ダウンとなりました。
しかし、防水やセキュリティ面でアップグレードし
薄さもアップし、スタイリッシュになりました。

TIMENOTEN Slim Back packはこちらでも紹介しています↓

PC

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2013)から
MacBook Pro 2019に変更。

これにより重量が1.67kgから1.37kg300gの軽量化に。
さらに、薄くもなったので内容量を稼ぐことができます。

MacBook Pro 2019についてはこちらでも紹介しています↓

ガジェットポーチ(PC電源とケーブル)

ポーチは、無印良品の化粧ポーチです。
サイドポケットもあり、収納しやすいです。

細かいですが、電源アダプターを純正のものから
Anker PowerPort Atom PD 1(PD対応 30W に変更。

純正電源は61Wですので、半分足りないです。
ですが、これでも問題なく充電しながら作業できます。
なにより、重さが純正約192g、Anker約53gと約三分の一になります。

おすすめです。

急速充電器 Anker PowerPort Atom PD 1(PD対応 30W USB-C急速充電器)【GaN (窒化ガリウム) 採用/Power Delivery対応/超コンパクトサイズ 】iPhone XS/XS Max/XR/X、Galaxy S9 / S9+、MacBook、その他USB-C機器対応

 

また、電源とケーブルを外と家用に分けることで
いちいち帰って、カバンから電源とケーブルを出す手間を省けたり
電源とケーブルを忘れると言ったことがないので、こうしました。

また、外出用の電源ケーブルは、1mにしました。(純正ケーブルは2m)
余分な長さは必要ないと思うので。

 

 

 

PCスリーブケース

Inateckラップトップスリーブケースがカバンに入らないので
国立商店のスリーブケースに変更。若干の軽量化に成功。

国立商店のスリーブはこちらでも紹介しています↓

マウス

MX ERGOを持ち運んでいたが
外出先では、トラックパッドで十分と判断し排除。

259gの軽量化になりました。

筆箱

筆箱を廃止しました。
今までは、シャープペンシル・蛍光ペンを持ち歩いていましたが
3色ボールペン1本あれば十分と判断し、その他を排除しました。

ノート

紙媒体はあまり持ちたくないが一応入れておきたいので
大きさと厚みを、薄いものに変更。

ウインドブレーカー

自転車や徒歩が多くなったので
天候によって対応できるように携帯してます。
ユニクロで3千円くらいだったかな。軽くて薄いのに、しっかり雨を弾くので気に入っています。

水筒

800mlの水筒は大きいし重いので
100均のスリムボトルを2個購入。
コーヒーとお茶の2種類の飲み物+重量750mlになり
軽量化とバリエーションアップに成功。

こちらで紹介しています↓

 

スポンサーリンク

さいごに

今後は、財布の軽量化をしたいと思います。

1gでも軽くしたいので。

軽さを意識することで、無駄なゴミは必ず捨てる意識が着きました。
飴の袋一つ入っていても気になるようになり、即捨てる!と言った感じで。

なんせ、元々の性格がガサツだった為、修正するのが大変です笑

徐々に直していきます。

また、持ち物に変化が出た頃記事にします。

でわわ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました